HOME >  収益物件を買取る不動産業者の選び方 >  媒介物件の告知方法を確認する

媒介物件の告知方法を確認する

媒介契約は、不動産会社に宣伝を任せて買い手が現れるのを待つ方法。なので、物件をどのように宣伝してくれるかという点は重要なチェックポイントとなります。

媒介物件のアピール方法

例えば、どのような媒体を使って広告するのかと考えてみた場合、折込チラシとインターネットでは集客範囲や効果が全く違ってきます。

折込チラシは厳選した物件情報を伝えられる点でアピール度は高いですが、広告をまく地域は限定されます。一方、インターネット広告は地域を選ばず、不特定多数の集客を見込むことができそうですが、あまたある広告の中から如何に目立った情報とするかについては検討の必要がありそうです。

自社ホームページに掲載する場合

最近は、自社ホームページへの掲載をアピール点のひとつに挙げる業者も多いですが、単に掲載されるということに甘んじてはいけません。

どのページにどのくらいの大きさで掲載してくれるかによって、広告力は大きく変わります。物件写真入りで、稼働率などのアピールポイントもきちんと表示して、トップページで紹介してもらえれば理想的です。

ビジュアル面のみならず、ホームページのリンクにも注意してみるとよいでしょう。収益物件の購買層がどのような経路でそのサイトを訪問してくるのかは、ホームページによってかなり違ってきます。たとえば複数のサイトを開設しているとか、リンク先の豊富なサイトをもっていれば、それだけ間口は広がります。

大手の不動産紹介サイトや投資向け情報サイトなどへのリンクが豊富に貼られていれば、それだけコアな読者が増えるものとも考えられます。リンク先を厳選することで読者層を絞って、より良質な集客へと繋げることも可能でしょう。

もうひとつ、ホームページの更新頻度もチェックしておくことが肝心です。毎日オススメ物件が更新される、動きのあるホームページには読者も集まります。そして確認を忘れてならないのが料金についてです。チラシ広告も同様ですが、どこまでが契約の範囲内なのか、広告料がオプションとなるのか、事前に知ることは経費節約にもつながります。