HOME >  収益物件を買取る不動産業者の選び方 >  買取か媒介かの選択肢があるか

買取か媒介かの選択肢があるか

不動産売却は、直接不動産業者に物件を買取ってもらう「買取」の他に、売買の仲介を依頼する「媒介契約」という方法もあります。両方の選択肢がある不動産会社を選ぶのが賢明です。

「買取」と「媒介契約」のどちらを選ぶか?

物件をすぐに現金化したい場合、取引に時間をかけたくない場合、物件を売ることを人に知られたくない場合などでは、不動産会社に直接物件を買取ってもらう方法が適しています。一方、売却期間に余裕があるならば、理想の額で買取ってくれる相手が見つかるまでじっくり待てる「媒介契約」を結ぶのも良策でしょう。

希望や目的に応じて、どちらの売却方法にするかを選ぶことが大事です。

媒介契約は三種類

不動産業者に物件売却の仲介を任せる媒介契約には、さらに「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」という三種類の契約方法があります。

1社のみに買主探しを依頼する「専属専任媒介」

専属専任媒介とは、その名のとおり契約した不動産会社一社に専属で仲介を依頼する契約です。買主を探す業務を、依頼した不動産会社のみに任せることになります。そのため、他の業者や売主自身が見つけてきた買主と取引する場合でも、契約している不動産会社に依頼する必要があります。

それだけに制約も多いと感じますが、依頼された不動産業者としては売買業務を独占できるので俄然張り切ります。宣伝や営業活動など様々な面で、力を入れてもらえます。

自分で見つけた買主との契約は自由な「専任媒介」

専任媒介契約は、不動産会社一社に専属で仲介を依頼する点では専属専任媒介と同じです。ただ、こちらは売主自らが見つけた買主との取引のみ、不動産会社に依頼せずに結べることになっています。そのためわずかですが、買主探しの自由度が増します。

複数の不動産会社に買主探しを依頼する「一般媒介」

一般媒介は、複数の不動産会社に買主探しを依頼できる契約方法です。媒介にまつわる制約が最も少ないので自由度が高く、多数の業者と契約できるため幅広い宣伝活動が見込めますが、専任ではないぶん、業者の注力度は軽減されてしまうかもしれません。

どの契約も一長一短ありますので、どの方法がより自分のニーズにマッチしているか、吟味して契約するとよいでしょう。状況に応じて契約内容を検討できる、選択肢の多い業者を選ぶのも一案です。