HOME >  収益不動産売却の基礎知識 >  不動産売却にかかる費用

不動産売却にかかる費用

物件を売却するのですから、最終的には収益を得られることになるのですが、手続きの過程で必要な費用も発生することを忘れてはいけません。

仲介手数料の相場は?

まず、売却契約が成立した際に発生するのが「仲介手数料」です。これは取引額に応じて金額が決定されます。

  • 取引額が200万円以下の場合は取引額の5%、
  • 400万円以下の場合は200万までの部分に×5%+200万を超えた部分に×4%、
  • 400万円以上の場合は200万までの部分に×5%+200万〜400万の部分に×4%+400万を超える部分に×3%

宅建業法で決められた上限で、おおむねこれが相場となっています。上記金額に消費税もかかります。

上記の計算法を簡略化して、取引額×3%+6万円(6万円は%の差額)とする方法もあるようです。本来、この仲介手数料は売主が負担する費用です。

その他に必要になる経費

仲介手数料の他、意外に見落としがちなのが印紙税です。不動産の譲渡に関する契約書(=不動産売買契約書)に添付する必要があります。

種々の登記費用も必要です。ローンの抵当権抹消登記、住所変更などの表示変更登記のほか、それらの手続きを司法書士に依頼した場合にはその報酬も必要になります。

また売却時に譲渡益が発生した場合には課税対象(所得税・住民税・譲渡税)となります。その他、物件の状態によっては備品の廃棄などにかかる費用が必要になる場合もあります。売却にあたって測量が必要な場合にはその費用も発生します。