HOME >  収益不動産売却の基礎知識 >  不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

ここでは、収益物件を買取ってもらうまでの流れを説明していきます。売却のプロセスを把握しておくことも大事です。

まずは物件の査定から

売却を考えたら、まずは収益物件を取り扱っている不動産業者に物件の査定をしてもらいます。査定は無料で対応してくれるところがほとんどですので、いくつかの業者に依頼して比較してみるのも一案でしょう。

通常、業者は市場価格や過去の取引事例などをもとに販売価格を提示してくれます。この時点での提示価格はあくまでも予想価格です。

その金額で即決で買取ってもらえるということはまれで、多くの場合はじめに提示された価格をたたき台として、媒介の場合なら実際にいくらに価格設定して広告を出すかを相談、買取の場合ならさらに必要な条件を加味した上で最終的な買取価格が決まります。

ここで気をつけなければいけないのは、複数の業者に査定依頼した際に、より高い価格を提示した業者に好印象を抱きがちであることです。特に買取の場合、「どこよりも高く」を謳い文句とする業者の中には、低めに設定した市場価格を基準に、見せかけの高価格を示す手口なども見られます。十分注意しましょう。

媒介契約を結んだ場合は広告の相談も積極的に

マンションやアパートを少しでも高額で手放したければ、媒介の契約を結ぶ方がより利益がのぞめるでしょう。媒介の場合はチラシやサイト掲載などの宣伝を経て、買い手がついたところで売買契約に至ります。専属専任媒介・専任媒介・一般媒介のいずれかを選択して契約を結びますが、その際の契約期間も検討事項のひとつとなります。

売却に至るまで、どの位の期間待つことが可能なのか、期間に応じてどの程度の告知活動をしてもらえるのか、そのための費用はどれだけかかるのか、等々、売却という最終目標に達するまでの流れを費用面も含めて把握しておきましょう。