HOME >  収益不動産売却の基礎知識 >  不動産売却にかかる税金

不動産売却にかかる税金

物件の売却に伴う税金のことを知っておくことも大事です。

売却時に譲渡益が出た場合

物件の売却によって譲渡益が発生した場合には、その利益が課税の対象になります、譲渡益に対して所得税や住民税がかかります。自宅の売却には特別控除が受けられる場合もありますが、収益物件は対象外です。

譲渡所得の計算方法は、

売却代金(譲渡収入)-(購入代金+諸費用)=譲渡所得

です。譲渡収入から、その売却物件の購入代金や購入にかかった経費、売却にかかった経費を差し引いた残額が譲渡所得と呼ばれ、課税対象とされます。

収益物件を相続する場合

相続税は大体1億円以上の資産にかかる税金で、5000万円(基礎控除)+1000万円×相続人数が1億円を超えた時に発生します。

では、相続税が発生すると見込まれる収益物件を相続する場合、相続の前後どちらの売却が有利となるのでしょうか。一概には言えませんが、約1億円の土地付収益物件を所有している場合、不動産譲渡所得税+相続税による支出は、計算上相続後の売却の方が30万円程割安になるそうです。

相続後の売却には譲渡税が安くなるなどいくつかの優遇税制があり、一定期限内での売却は節税になるようです。また、相続財産である不動産物件を売却して、その譲渡所得を相続人で分割する換価分割と言う方法もあります。どの方法が支出を少なく済ませられるかは、専門業者に相談するのがよいでしょう。

収益物件を買い取ってくれる不動産会社ランキングはこちら