HOME >  物件を高く売る秘訣 >  売却のタイミング

売却のタイミング

物件の売り時を見極めることも大事なポイントです。

物件の状態を見極める

不動産物件はまさに「時価」なので、日々変化している市場の動向は気になるポイントと言えますが、それはあくまでも新築物件を目安にした基準です。

中古物件となれば、物件そのものの状態に見極めが必要となります。経年により修繕費は高額になっていきます。特に木造の場合は劣化も激しいので、法定耐用年数内に売却するのが得策でしょう。

木造アパートの場合、築15年程がひとつの目安と言われています。

設備の老朽化も売却のきっかけに

築20年以上のアパート物件では、未だに和式トイレやバランス釜の風呂などの設備も見受けられます。

今やユニットバスが常識の時代、こうした旧式の設備は入居者離れの原因のひとつとして挙げられますが、ユニットバスへの改装工事となると80万円程が相場だそうです。10室あるアパートなら風呂の改装だけでざっと800万円が必要というわけです。

そして風呂を新しくすれば壁やドアの古さも目立ってきて…いよいよ全面改装するしかないような気持ちに至り、何千万円単位の出費を前に、アパート経営の必要性を自問自答することとなります。そうなった時は、売却という選択肢もひとつと言えるのではないでしょうか。

私自身もまさにその例にならって売却に至った一人ですが、資金投入して管理を続けて不動産を保持することと、煩わしい一切の雑務とともに物件を手放して現金化すること、どちらのメリットが大きいか、じっくり考えてみてはいかがでしょう。