HOME >  物件を高く売る秘訣 >  業者との信頼関係を築く

業者との信頼関係を築く

仕事上の交渉事と同じで、営業担当者とのコミュニケーションも見逃せないポイントです。

業者への対応は仕事と同じ心構えで

特に媒介を依頼する場合などは、お互いに手の内を見せない対話では、物件売却という同じ目標に向かって進むことが困難になります。

たとえば物件の瑕疵を隠して依頼するなど、信頼を欠く対応は論外でしょう。物件のマイナス面があるならばそれを提示した上で、どうカバーしてよりよい物件に見せるか、マイナスを補うセールスポイントはどこにあるかを共に探ってゆくことが結果的に少しでも高値で売ることに繋がっていきます。

価格についても、気になることがあれば黙っていないで、早めに伝えることが肝心です。自分の物件を売却するにあたって、妥協してはいけません。

売主の意向を伝える

売主の意向を事前に伝えておくと、様々な面で担当者の理解を得やすくなるでしょう。なぜ売りたいか、今までの管理状態はどうだったか、できるだけ手の内を見せて相談するのがよりよい交渉のこつと言えます。

なぜなら、同じ物件を売却するにあたっても、即座に現金が必要だから止む無く売却を選択した場合と、収益物件を保持する必要性が感じられなくなった場合では売却方法の選択肢も違ってくるなど、物件の背景に応じて売却の方法も様々だからです。

その物件にローンの残額があるとか、相続物件などの場合は、売却後の税金対策なども関わってきます。また、自宅との距離が近い物件など、居住者との関係に独特の問題が潜む場合もなきにしもあらずです。それらの情報も事前に提示しておくと、交渉はよりスムースにはこぶでしょう。